渡辺 恒彦

ライトノベル

理想のヒモ生活 14

シリーズ累計270万部突破! ヒモ男に新たな側室? 本妻との間で板挟み? 宝石をくわえた猫? コミックスも絶好調! 善治郎と女王アウラは、ルクレツィアから双王国と『白の帝国』、 そしてウトガルズの隠された歴史について知らされる。 双王国は『白の帝国』の末裔であり、 ウトガルズは古の巨人族の自治都市『ウートガルド』と 密接な関係があると。 看過できない情報に、女王アウラは一刻も早く、 双王国のブルーノ先王との密議をこらす必要性を確信する。 数日後、善治郎は双王国に『瞬間移動』する。 表向きは鍛冶師ヴェルンドへの弟子入りを熱望する マルガリータ王女を迎えるためだが、本当の目的は、 秘密裏にブルーノ先王をカープァ王宮に飛ばし、 女王アウラとの極秘会談を成立させるためであった。 一方、双王国滞在中の善治郎は、エレハリューコ、 リーヤーフォンの両公爵から新型双燃紙の礼として 走竜の贈与を伝えられる。 それを受けてカープァの後宮に帰った善治郎は、 女王アウラ、フレア姫と共に後宮の中庭で騎竜術の訓練を始める。 その後、双王国が白の帝国の末裔であるという情報を伝えるため、 善治郎は単身『瞬間移動』でウップサーラ王国に飛ぶ。 グスタフ王とユングヴィ王子と善治郎は秘密裏に会談して 情報の共有を図り、『教会』勢力に対するカープァ王国、 双王国、ウップサーラ王国の連携構築を図る。 その話し合いの最中、緑色の石をくわえた灰色の猫が現れる。 「灰色猫は『ウトガルズの使い』だ」。 緑色の石はほどけて緑色のプレートに変じたが、 そのプレートはウトガルズへの招待状だった。 そこに書かれた名前は----。 渡辺 恒彦(わたなべつねひこ):北の大地で生まれ、育ち、暮らす。 小説投稿サイト「小説家になろう」で発表した「理想のヒモ生活」が、永きにわたって総合ランキング1位に輝く。 文倉 十(あやくらじゅう):古都で生まれ、育ち、現在は東京で暮らす。 『狼と香辛料』(電撃文庫)など、人気作品のイラストを数多く手がける。
タイトルとURLをコピーしました