魔王様、リトライ!(6)

魔族領に乗り込み、大悪魔を粉砕した魔王は、ラビの村へ帰還。貯まったSPで新たなる側近・近藤友哉を召喚することに。漫画、アニメ好きの超優秀な自宅警備員の近藤に村の維持・管理を任せ、魔王はアク、ルナらとともにつかの間の休息を堪能する。しかし、聖公国内の4大一派のひとつ・貴族派が内乱を起こそうと動き出してーー。見た目は魔王、中身は一般人の勘違い系ファンタジー第六弾!

近藤 友哉 登場!

魔王様も第6巻まで来ました。テンポよく出てるのは個人的にスゲー良いと思います。
今巻の見どころは何と言っても4人目の側近「近藤 友哉」の登場だろう。

近藤は能力を発動させると360度の視界となり、上空から俯瞰する眼と、瞬間的な未来視も可能となり、時には相手の視界を〝ジャック〟するなど、眼に関する能力は多岐にわたる。 そのため、かつての会場では、近藤が放つ攻撃には回避判定が働かず、触れたら火傷どころでは済まない、地獄の猛反撃を甘んじて受け止めるしかないという特殊なキャラであった。

上空から見るわ、未来視はするわ、相手の視界をジャックすると言った目の能力を持ち、攻撃には回避判定が働かない。

戦場で先手を打つうえで非常に強力な能力を持っている。

しかし、今回は戦闘シーンはないため活躍の場が見れなくて残念。

しかも、本人は引きこもり担当の自宅警備員なので、魔王様の拠点に引きこもるので、悠姐さんや、田原のようにワープして戦場につれて行かれることほぼなさそう(笑)

内政と各国からみた魔王様の回

4巻5巻でライト皇国大神官の天使を倒し、獣人国にお邪魔して、魔族に売られた人々を取り戻した。その余波が各国にどんな影響を与えるのか?が6巻で語られます。

ライト皇国は教皇が、ゼノビア新興国はコウメイさんが、あと意外なところからバーロ共和国の議会の様子が今回語られます。

天使との戦闘で首都が崩壊したス・ネオ王国じゃないんだーと思ったけど、バーロ共和国に魔族に売られた奴隷が運ばれたので、その対応の話もあるんですね。

お肉券とかお魚券が出てきたので、最近書かれた話なんだなと思いましたね(笑)

「お肉券」「お魚券」構想頓挫 自民の経済提言に入らず:朝日新聞デジタル
 自民党農林部会や水産部会が実現をめざしていた「お肉券」「お魚券」の構想が、頓挫した。新型コロナウイルスの感染拡大に対応するために政府が検討中の経済対策に盛り込もうとしていたが、同党政務調査会が30日…

自民党農林部会や水産部会が実現をめざしていた「お肉券」「お魚券」の構想が、頓挫した。新型コロナウイルスの感染拡大に対応するために政府が検討中の経済対策に盛り込もうとしていたが、同党政務調査会が30日とりまとめた経済対策への提言に盛り込まなかった。ネット上で「族議員批判」などが相次いだためで、支援は在庫を減らすためのイベントなどの補助にとどめる見通しだ。

ドナ・ドナとの対峙

ドナ・ドナさんは聖光国の貴族ですが、水が貴重なこの世界で、水の魔石の鉱山を持っています。そのため金を使い色々と好き勝手している大貴族になります。

今までも魔王様をどうにかしたかったようですが、魔王様が気に食わない、ライト皇国とゼノビア新興国に声かけて対魔王様の前哨戦として、マダムとアーツを排除するようですね。

ここで新側近、近藤くんが出てくるのかが楽しみです。多分引きこもって出てこないかな?(笑)

Web版との違い

今は消されたWeb版ではドナ・ドナが退場されるまで書かれてたのですが、獣人国や悪魔領ベルフェゴールの話、茜ちゃんの話はWeb版にないので、新生魔王様リトライとして読めます。ところどころはWeb版が1ぐらいに新規に9ぐらい書き下ろしされているイメージか?

Web版を正直詳しく覚えてないのと、ここにドナ・ドナ出荷までの経緯が大きく違うので、Web版を気にする必要がないと思います。

近藤くんの残念な言動などは一緒なので、Web版でこんなセリフあったな~と思い出しました(笑)

最後に・・・

徐々に登場人物が増えていくので、面白さも膨らんでいきます。

アニメ化もされたけど、個人的にはコミック版が一番バランスが良いと思っている。
最初はなろう→コミック→気に入ったらラノベ版と進むのが良いかな?

電子版限定だが、1~3巻はKindleUnlimitedと言うAmazonの定額読み放題サービス対象になっていて、上手く利用して読めると幸せになれる。

Kindle Unlimited 無料体験に登録

ISBN
9784575243147
書籍名
魔王様、リトライ!(6)
作者
イラストレーター
レーベル
紙版書籍購入
電子書籍版
出版社
価格
1320円
発売日
2020年08月31日
電子書籍発売日
2020年08月28日
作者SNS
イラストレーターSNS
Web版小説
無料コミックサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました